サイトマップTokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Life Sciencesサイト内検索画面へ移動します 検索

応用生命科学科   生命科学(バイオ)の力で食品・環境・エネルギーの未来を拓く

環境生命科学・環境ゲノム学・農芸化学・生命理工学分野東京薬科大学 生命科学部 大学院 生命科学研究科



 

過去の在学生の声


大学院 博士後期課程(博士課程)
  1. 河口 優子 さん

    極限環境生物学研究室 仙波 康之 さん
  2. 極限環境生物学研究室 河口 優子 さんEANA Student賞受賞 JAXA宇宙科学研究所研究員を経て 現東京薬科大学生命科学部助教)  
  3. 環境応答植物学研究室 佐藤 淳史 さん(現 積水メディカル )
  4. 環境応用動物学研究室 山崎 高志 さん(現 コロンビア大学ポスドク研究員)  
  5. 応用微生物学研究室 小野寺 威文 さん日本学術振興会特別研究員 (DC2) 採択者の声 極限環境生物学会ポスター賞授賞 現 パリ南大学ポスドク研究員
大学院 博士前期課程(修士課程)
  1. 環境応用動物学研究室 飯田 吉剛 さん(知的財産管理技能検定 合格体験記)
  2. 環境応答植物学研究室 佐藤 諒 さん(現 富士フィルムメディカル)
  3. 環境応用動物学研究室 田辺 涼子 さん
  4. 生態学研究室 藤田 雄 さん
  5. 環境応答植物学研究室 杉浦 達也 さん
  6. 環境応答植物学研究室 滝安 洋平 さん(現 シミック勤務)
  7. 環境応答植物学研究室 有賀 理沙 さん現 神奈川県・二宮町役場職員)  
  8. 環境応答植物学研究室 板山 翔 さん
  9. 生態学研究室 天野 秀和 さん(現 入間市役所職員)  
  10. 極限環境生物学研究室 山口 美奈子 さん日本生化学会鈴木紘一メモリアル賞受賞 現 第一三共プロファーマ勤務)
  11. 環境応用動物学研究室 大川 佳子 さん(現 東京都福祉保健局職員)  
  12. 環境応用動物学研究室 小倉 多恵 さん(現 シミック勤務)  
  13. 生命分析化学研究室 堀内 馨士朗 さん(現 エスアールエル勤務)
学部4年生
  1. 応用微生物学研究室研究室 有賀 彩 さん
  2. 極限環境微生物学研究室 小林 良輔 さん
  3. 環境応用動物学研究室 北田 翔也 さん(現 東京医科歯科大学大学院 修士課程) 
  4. 極限環境微生物学研究室 鈴木 健吾 さん(現 東京医科歯科大学 研究生)  
  5. 環境応答植物学研究室 鎌田 梨沙 さん(現 東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻 修士課程) 
 

オープンキャンパス スタッフインタビュー 2015.6.11

「オープンキャンパスは研究室や実験器具を実際に見るチャンスです。」

佐藤 諒さん

修士課程2年(2015年卒業)(環境応答植物学研究室)
神奈川県立海老名高等学校出身

 東京薬科大学は研究環境が充実していることも大きな特徴。キャンパスツアーではさまざまな研究室や実験器具を来校者のみなさんにお見せします。実際に器具を目の前で動かすこともあるので、研究室の様子が具体的にイメージできると思います。他にも、オープンキャンパスでは先生方と直接お話しする個別相談も設けてあるので、ぜひ積極的に参加して色んな疑問をぶつけてみましょう!きっと有意義な情報が手に入ります。
 
 

知的財産管理技能検定 合格体験記

「これからのキャリアに向けて」

飯田 吉剛 さん

修士課程2年(環境応用動物学研究室) 知的財産管理技能検定 (2級) 合格
神奈川県立港南台高等学校出身

 “知的財産”とは、発明や創作によって生み出されたものを、発明者の財産として一定の期間保護する権利です。近年、世界的に技術開発が進むなか、発明により生まれた様々な製品が市場に出回っています。しかし、他者の発明を無断で利用した類似品やコピー製品が市場に流出するなどの問題が多く発生しています。我が国では、2002年に小泉元首相によって「知的財産立国宣言」が発せられたことを機に知的財産に注目が集まっています。
 このような背景のもと、適切な知的財産運用をめざし、知的財産管理技能士という国家資格が誕生しました。知的財産管理技能士は、知的財産に関する一般的な能力があることを証明する資格であり、企業や団体の知的財産を適切に管理することで、所属する企業や団体に貢献することができます。
 私が知的財産管理技能士の資格を取得しようと思ったきっかけは、学部3年時に受講した環境行政論(知的財産論)の講義でした。理系の花形である研究開発を、法律の視点から分析することに興味を持ちました。私が受験した2級知的時財産管理技能士の試験は、午前・午後の試験の2部構成になっています。合格するためには、午前・午後ともに8割以上の得点が必要です。試験対策として、知的財産協会のHPから無料で入手できる過去問題や、市販の問題集を繰り返し解きました。また、法律は随時改正されるので、特許庁からのニュースリリース等のチェックも大事な作業です。
 研究室での研究と試験勉強の両立は大変でしたが、毎日時間を見つけて継続的に資格試験の勉強をすることで乗り越えることができ、大きな自信となりました。さらに、知的財産管理技能士になったことで就職活動の際、知的財産に関わる一定の知識を備えていることが評価され、志望していたメーカーの知的財産部での内定を頂くことができました。
 知的財産管理技能士試験で学んだ知識、経験を活かし、春から始まる社会人生活を頑張りたいと思います。将来的には、知的財産に関わる最上級資格である弁理士試験に挑戦したいと考えています。
 

オープンキャンパス学生スタッフ インタビュー

目標をモチベーションに!

佐藤 諒 さん

修士課程2年(環境応答植物学研究室)

 今年度も東京薬科大学ではオープンキャンパスが開催され、私はキャンパス見学とフリートークを担当しました。受験勉強や講義、研究に関してはもちろん、学生生活から進路の相談まで、皆さんの不安や疑問の解消に役立てたと思います。私は、これまでの学生生活を振り返り、「目標」というのがとても大事であったと感じています。学生生活をどう過ごすのか、どう楽しむのか、どう活かすのか。小さくてもいいのでたくさんの目標を持って下さい。そして、東薬でたくさんの新しい目標を作り、充実したキャンパスライフを過ごしてほしいです。(東薬ニュースレター 2014. 10月号より)
 
研究室での生活を楽しんでいます

杉浦 達也 さん

修士課程2年(環境応答植物学研究室)

生命科学部のボーリング大会にて

4年生の頃の杉浦君。。。
 私は、ガンなどの医科学と関連した生命科学分野の研究に興味を持ち東京薬科大学に進学することを決めました。しかし、入学後周りに自然の多い学校で生活をしていたためか次第に植物学に関心を持つようになりました。さらに、今、ニュースなどで取り上げられている藻類を用いたバイオ燃料に興味を持ち、藻類の研究を行っている環境応答生物学研究室へと進みました。
 現在、私はシアノバクテリアにおける変異株の作製を行っております。1~3年生までの学生実習とは異なり与えられた実験を行うのではなく、自分自身で実験方法を考え、また失敗の原因などを追求することが要求されます。また、研究室では研究を行うばかりでなく、息抜きのスポーツ、飲み会などを行うなどとても楽しく有意義な時間を過ごしています。
 まだまだ不慣れな事が多く、また予測される結果が出ずに行き詰まることも多くありますが、一つ一つの原因を追究し良い結果が出るように卒業までの一日一日を大切にし、研究を行っていきたいと思います。

修士課程になった杉浦君より
 私が現在行っている研究は、シアノバクテリアにおける変異株の作製です。シアノバクテリアは二酸化炭素と光で生存することが可能です。その際、細胞内に代謝産物を蓄えて生存します。そこで私は、蓄積された代謝産物を細胞外へ排出させ産物を利用することや、その際変異株の生態がどのように変わるか観察することを目的として実験を行っています。修士論文までには、他の変異株も作製し比較して観察を行おうと毎日研究を進めています。
 
デンプンをテーマに 生命の起源や進化の過程に挑んでいます

滝安 洋平 さん

修士課程2年(環境応答植物学研究室)

滝安君は、6月6日の「応用生命科学概論」で、他研究室の卒研生・院生5名とともに、研究紹介、そして1年生へのメッセージ(研究の醍醐味や楽しさ、研究室の様子、卒研を始める前に1年生から3年生で学んで欲しいこと、大学生活へのアドバイス)などなど伝えてくれることになっています。お楽しみに!(担当高橋)


4年生の頃の滝安君。。。
 
私は環境応答植物学研究室に所属し、食品業界では無くてはならないデンプンについて研究しています。私はヒトに関する仕事をしてみたいと考えていたことや、自然の中で学べる環境があることなどに惹かれて、東京薬科大学生命科学部へ入学しました。3年次までのカリキュラムの中で最大の魅力は基礎生命科学実習だったと思います。ここで4年次での研究のための基礎を作ることができました。実際、4年次での研究において、実習で習ったことや得た経験が活かされることがよくあります。研究室には充分な研究機器が揃っており、有意義に実験を行える環境があります。また、研究室では実験だけでなく、研究室旅行や飲み会など様々なイベントもあり、メリハリをつけて楽しく研究に励むことができます。就活が始まった同学年の友人との情報交換も、とても良い刺激になっています。今後、私は本大学の大学院に進学し、たくさんの知識や技術、経験を身につけ、充実した研究生活を送っていきたいと考えています。

修士課程になった滝安君より
 研究室では、CO2削減から海の微生物、食物系まで、環境分野を軸に幅広く研究しています。私が主に研究しているのは、細胞が持つ貯蔵多糖について。そこから進化の過程を探るのが目的です。動物はグリコーゲン、植物はデンプンという貯蔵多糖を持っていますが、葉緑体の起源とされるシアノバクテリアがどちらを持っていたかは解明されておらず、いま世界の注目を集めているテーマです。私はまず紅藻類の貯蔵多糖 (ここが世界初! 5参照) 合成関連酵素を調べ、ある酵素が貯蔵多糖の種類決定に関わっていることを実証しようと実験しています。関係性について手応えをつかんでいますが、数値化して確実に実証するためにさらにトライしているところです。1年後の修士論文で最終的に起源の元まで確認できるよう頑張っています。
 
新規藻類培養装置のための基礎研究を行っています!!

有賀 理沙 さん

修士課程2年(環境応答植物学研究室)

有賀さん

カナダの語学研修先の講師の方と

修士課程1年の頃の有賀さん。。。
 私は自然が大好きで、自然環境に関する知識を幅広く身につけたいと思い生命科学部に入学しました。東京薬科大学のまわりには自然がたくさんあり落ち着いて勉強できるのも魅力の1つです。3年間勉強した中で、特に植物に興味を持ったので、植物の研究ができる
環境応答植物学研究室で学ぶことに決めました(飛び級制度利用)。これから座学だけでは得られない知識や技術を身につけて、研究を楽しみながら行なっていきたいです。

同級生の卒業式で

修士過程2年になった有賀さんより
 バイオ燃料として利用できる藻類を大量培養するために、当研究室で開発された藻類新規培養装置での培養方法を確立することめざし、そのための細胞生理学的な基礎研究を行っています。
 研究室での生活も残り少ないですが、悔いのないように実験に打ち込みたいと思います。


 
ようこそ!楽しいっ!学べるっ!セミナー合宿へ!

小林 良輔 さん

生命科学部 4年(極限環境微生物学研究室)

 東京薬科大学では4年生になると、4月から研究室での研究がスタートします。私が所属している極限環境生物学研究室では、生命科学の一番根底にある疑問である「生命とは何か?」という問いに対する答えを導き出すため、日々様々な研究をおこなっています。そして、私は6月8日~9日におこなわれた「セミナー合宿」に参加しました。このセミナー合宿では、事前に4年生が教科書に書かれた内容を理解し、自分なりにまとめたものを合宿の場で発表します。
              
 また、難関大学の大学院入学試験の問題をグループで協力して解くことで、生命科学における知識をより深めていくことを大きな目的としています。
 
 しかし、今回セミナー合宿に参加するにあたり、私には不安がありました。きちんとした「まとめ」を作り、先生方や大学院の先輩、同期の人達を前にして発表をおこなうことができるのか。また、先輩方や先生方との交流を深めることができるのか等の不安です。
 しかし、先輩方はとても優しく、まとめ作りに快く協力してくださいました。
 自分が教科書を読んで理解できなかったところは、親切丁寧に教えて下さり、発表の練習にも何度も付き合ってくださったので、自信をもって発表をおこなうことができました。そして、発表後は足りなかった部分を教授や准教授の先生方が丁寧に教えてくださるので、より一層学ぶことができました。

 夜になれば、合宿に参加した人達での楽しい飲み会もあります。
 また、合宿は山梨県でおこなわれ、美しい富士山の景色を見ることもできました。

 今回このような合宿に参加し、普段とは違った環境で学び、仲間達と楽しく過ごせたことは、自分自身の中で本当に貴重な経験だったと思っています。
 
『薬科大学』で宇宙と生命の謎に迫る

河口 優子 さん

博士課程3年(極限環境生物学研究室)

それぞれの思いを胸に。研究室の仲間とやる気を奮い立たせに海に行きました。(2011 年11月 研究室旅行にて)

 みなさまは、「東京薬科大学生命科学部」にどんなイメージを持つでしょうか?薬科大というのだから薬の勉強をするところ?薬剤師になるためにいくところ?でも生命科学部だから生物の何かを学べるところなのか?ホームページをみたらどうやら研究室がたくさんあるらしいけれども・・・、と漠然と薬や生物のイメージを持つかもしれません。実際に、私は学会や他の大学の先生とお会いすると「君は将来薬剤師になるの?」と頻繁に聞かれます。

 しかし、私は東京薬科大学生命科学部で「宇宙と生物」の研究をしています。なぜ宇宙?宇宙人を探しているのか?などと思われた方もいるかもしれません(怪しい怪しすぎる・・・、と思った方はぜひ最後まで読んで下さい!)。

時には学外にでて、他大の学生と勉強し議論を行います。自分の専門分野のみだけでなく、広い視野をもって研究を押し進めることが出来る研究者を目指しています。(2012年8月 宇宙ライフサイエンス若手の会夏の学校にて)

 地球上のどこまで生物が存在しているかは、まだまだ多くの謎に包まれています。上空に着目すると、飛行機や気球を利用して微生物の捕集実験が行われてきました。その結果、放射線に強い微生物が存在することが明らかとなりました。しかし、どの高さまで微生物が存在し、生存することが可能なのかについては分かっていません。そこで本研究室の山岸明彦先生を中心として、軌道400 kmを周回する国際宇宙ステーション(ISS)上で微生物を採取し生物(特に微生物)が存在するかを調べる実験を行います。また微生物を宇宙環境に曝露し、苛酷な環境に耐え生存することが可能かどうかを調べるために宇宙実験を行います。2013年に種子島からサンプルを搭載したロケットを発射する予定です(気になった方は『たんぽぽ計画』をグーグルで検索して下さい)。

 私の研究テーマでは、ISS上で採取する微生物を地上で解析する実験の構築を目的としています。微生物のDNA配列を調べることで、どのような微生物が存在するかを明らかにします。また、宇宙での実験をサポートするためには、地上でデータを収集することが非常に重要となります。そこでDeinococcus属と呼ばれる放射線や乾燥などにとびっきり強い菌を、ISSの環境を模擬した条件に曝露し耐性を調べています。宇宙実験は私一人ではなく全国各地の大学・研究所の研究者のみなさんと協力して進めています。また生物学者だけでなく化学者、物理学者、天文学者、工学者など様々な分野の研究者がいるので、いろいろな分野の勉強をする必要があります。

学会発表はしんどいし辛い。その分、良い発表が出来たときの達成感は研究の一つの醍醐味です。分野が違っても、研究の話でいつも盛り上がります。(2012年3月生命の起源と進化学会にて)

 なんて壮大な研究なんだ!と思ったに違いありません(多分みなさんが思ったはず・・・)。しかし実際は研究室で、目の前にある実験を丁寧に行うことがなによりも大切です。毎日実験器具を洗うところから始まります。時には「菌体よ、どうか増えておくれ(涙)!」と神頼み!?もします。頭を悩ませる日々を繰り返しながら、少しでも良い結果が出たときは「この結果が宇宙実験の成功へと繋がる」と思うとすごく嬉しくなります。

 私は最初から東京薬科大学に進学したわけではありません。「宇宙と生命に関わる研究がしたいなあ」と中学生のときから強く思っていたものの、大学受験はさんざんな結果で到底自分が行きたいと思っていた大学に進学は出来ませんでした。高校3年間部活を必死にやりすぎた自分にばかたれ!と説教してやりたいです。とりあえず私の学力で進める大学に入学しました。大学ではたくさん楽しいことがありましたが、やはり宇宙への夢をあきらめられず、色々と調べて現在の研究室に出会うことが出来ました。薬科大学で宇宙と生物の研究ができるなどとは全く思っていませんでした。そして今、宇宙実験という大きなテーマに関わることが出来るなどとは想像していませんでした。今まで導いて下さった皆様に本当に感謝しています。

 研究はつらいことがたくさんあります。それでも自分は中学生のときに夢見たことをやれているんだ、と思うと頑張ろうとパワーが湧いてきます。頑張ろうという気持ちは、目標に向かう途中で、色々と失敗したり、悩むからこそ湧いてくるのではないでしょうか。

 ここまで読んで研究ってなんか面白そう、やってみたいな、と思った人はぜひ自分が興味を持つ事柄についていろいろと調べてみて下さい。最近はHPなどで研究の内容が詳しく書いてありますが、実際に研究室を訪れることをお勧めします。やる気のある人を断る研究者はいません!そして、宇宙と生物に興味がある人はぜひ一緒に研究しましょう。そんな人がいたら嬉しく思います。

 
酵素の力で効率的なバイオエタノール生産


仙波 康之 さん (東京都立戸山高等学校出身)

博士課程3年(極限環境生物学研究室)

 福島第一原子力発電所の事故以来,再生可能エネルギーへの期待が高まってきています.私の研究も再生可能エネルギーのひとつ“バイオエタノール”に関連するものです.
 バイオエタノールは,日本ではまだ本格的に生産・利用されていませんが,アメリカやブラジルでは既に本格的に利用されている燃料です.アメリカではおもにトウモロコシから.ブラジルでは主にサトウキビから生産されています.種をまけば何度も再生産できるほかに,大気中の二酸化炭素を増加させない,さまざまな動力の燃料に使えるといった利点がありますが,生産されたトウモロコシがバイオエタノールの原料として使われてしまったせいで,他の用途(たとえば牛の飼料)に使う分が無くなり,飼料の価格が高騰するといった問題が起こっています.
 そこで,誰も使わないような部位(茎や葉)にあるセルロースを原料としてバイオエタノールを生産する方法が考えられています.セルロースはグルコースが連なってできたものなので,セルロースを取り出し,グルコースまで分解したのち発酵させれば,バイオエタノールを作ることができます.実用化できれば,「実は食料に,それ以外の部位はバイオエタノールに」と住み分けができるようになりますね.
 しかし,誰も使わない部分からセルロースを取り出すことは,非常に労力のかかる大変な仕事なります.そこで,新たに考えられているのが“酵素”を用いる方法です.酵素は,少ないエネルギーで反応を進ませるのが得意なタンパク質です.しかも,発酵の邪魔になる余分なものを作らないので,効率的にバイオエタノールを生産することができます.良いことずくめの酵素ですが,大きな欠点があります.とっても壊れやすい(「安定性が低い」といいます)のです.
 私は今,酵素の遺伝子のいくつかの塩基を他の塩基に置き換えることにより,酵素の特定のアミノ酸が他のアミノ酸に置き換わった変異体を作ることで,頑丈な酵素を作ろうとしています(詳しい方法は秘密!).なかなか結果が出ていませんが,未来の日本のためにも,がんばっていきます.

 
「The 9th Asia-Pacific Marine Biotechnology COnferenceに参加して」      

都筑 佐藤 板山

佐藤 淳史 さん 博士課程2年(環境応答植物学研究室)
板山 翔 さん  修士課程1年(環境応答植物学研究室)

発表風景

発表のようす

 2012年7月13~16日に高知県で開かれたThe 9th Asia-Pacific Marine Biotechnology Conferenceに参加させて頂きました。この学会は、名前の通り海洋性生物について応用、基礎の両面から研究している人による報告会です。日本は海に囲まれた海洋性資源の豊富な国であるため、このような分野における知見は今後の日本の強みになる可能性があります。今回は、近年における情勢もあってバイオ燃料に絡んだ研究が多かったです。その中で私は、緑藻における脂質蓄積に関して、そのメカニズムから見た藻類を用いた油生産の可能性について発表してきました。初めての英語口頭発表ともなり、非常に緊張したのが第一の感想ですが、次世代を期待する多くの先進的な研究の中で発表できた事は良い経験となる共に、刺激的なものでした。(佐藤淳史)

 私にとっては初めての学会参加で、しかも国際学会ということで、上手く発表できるのだろうかという不安でいっぱいでした。しかし、日本での開催ということで日本人参加者が多かったため、非常に落ち着いて発表に臨めました。質疑応答の際には、他分野の専門家の方からアドバイスなども頂け、非常にためになったと感じました。また、他の大学の同年代の方々も多く参加しており、彼らの発表を聞くことで、「自分ももっと頑張らなきゃいけない」と刺激を受けました。
 今回の学会参加で私は、多くの発表を聞くことで今まで知らなかった様々な研究分野の一端を知ることができました。そして、それが学会の魅力であると思いました。自分に直接関係がなくとも、研究発表を聞くことは非常にためになると思います。実際、私は他の研究分野の発表から自分の研究に関するアイディアを得られました。
 学会直前には参加しなければよかったなどと考えていましたが、いざ参加してみると今回参加する機会を頂けてよかったと思いました。ただ、学会が終わった今になり、「せっかく参加したのだから、もっと積極的にコミュニケーションをとればよかった」と少し後悔しています。(板山翔)
 
充実した研究室生活

鈴木 健吾 さん

生命科学部 4年(極限環境微生物学研究室、現 東京医科歯科大学研究生)


 
私が4年生になって卒論研究を行うために配属された研究室は極限環境生物学(旧細胞機能学)研究室です。初めて研究室という空間に触れて感じたことは「この中で上手くやっていけるのだろうか?」という不安でした。というのも、実習で今まで行ってきた実験よりもはるかに難しいことをやっているように見えたからです。しかし、毎日研究室に通うにつれて、自分の抱えていた不安は解消され、むしろ研究室に通うのが楽しくなってきました。初めはわからないことだらけだった実験手法や実験内容に関する知識も、先生、先輩方の丁寧な指導のおかげで理解が深まり、どうやったら上手く結果が出せるのか自分で考えて実験を進めることに楽しさを覚えていくようになりました。私が現在所属している極限環境生物学研究室は非常に環境に恵まれており、本人のやる気さえあれば好きなだけ研究に取り組むことができ、先生や先輩方の丁寧な指導を受けることができます。また、お花見や研究室旅行、誕生日パーティーなどのイベントも年に数回あるので、勉強面以外の生活も楽しむことができます。もし、この文章を読んで「研究室ってどんなところだろう?」と思ったら、ぜひ研究室へ気軽に遊びにきて下さい。実際に研究室の空気を肌で感じると、何か見えて来るものがあるかもしれません。
 
 
サンプル採取のため全国を回り、保全のため研究できる事に魅力を感じています


天野 秀和 さん 
修士課程2年(生態学研究室)(現 入間市役所職員)


北海道のシラカンバ林でマイマイガの調査


 私が所属する生態学研究室は、森林の害虫で全国に分布しているマイマイガを中心に研究を行っており、その中で私はマイマイガとその天敵寄生蜂ブランコサムライコマユバチの歴史的動態について研究しています。
 サンプル採取のため全国を回り、野山、森林と直に触れ、その大切さを肌で感じながら、保全のために研究を行える事に魅力を感じています

 
東薬での出会いと仲間との思い出と将来の夢

山口 美奈子 さん

修士課程2年(極限環境生物学研究室、現 第一三共プロファーマ株式会社)

山登り=辛い…。というイメージをお持ちではないですか?それだけではありません!山頂では上の写真のように素晴らしい景色が待っています!!

 理系の大学生と言えば勉強一色というイメージをお持ちの方もいると思います。ですが、東京薬科大学は部活動も盛んです。ちなみに、私は「ワンダーフォーゲル部」という、かわいらしい名前の部活に所属していました。最初は沖縄に行けるという触れ込みで入部したのですが、普段はがっちり山を登る活動をしている部でした。半ば騙された私は、春の八ヶ岳1泊登山から始まり、夏は南アルプスを一週間かけて登り続けるという、若さと時間がないと出来ない経験をしました。涙が出そうになる経験もしましたが、それ以上に、山頂の素晴らしい景色と、仲間と一つの事をやり遂げるという達成感が、一生の想い出となっています。

部活の集合写真です。バックの樹は、屋久島の屋久杉です!3月の春合宿で訪れました。学部生の時は、日本の秘境や南の離島に数多く訪れました。

 学部の4年生からは理系の大学生というイメージそのままに、研究一筋の生活となりました。数ある研究から私が選んだのは、タンパク質工学に関する研究でした。タンパク質工学とは、元のタンパク質の配列の一部を換え、タンパク質の働きを強めたり、新たな機能の付加を試みたりする技術です。この分野での研究成果が、工業的に使われている酵素などの改善に繋がる事に興味を持ち、現在はタンパク質の耐熱性についての研究を行っています。
 将来は、大学・大学院で培った知識や思考力を活かせる仕事に就きたいと思っていましたが、縁があり、製薬会社の生産技術の職に内定を頂くことが出来ました。生産技術とは普段、私達が飲んでいる薬の質を高めつつ、いかにして生産コストを下げるかを合理的に考える仕事です。この職に就く事が出来たのも、東薬に進学し、様々な人と出会い、自分の能力を磨くことが出来たからだと思います。将来的には技術的な面だけではなく、経営の面にも携われる人材になりたいと思っています。

 
研究者になれそうです!?

山崎 高志 さん

博士課程3年(環境応用動物学研究室)

NY(アメリカ)で行われた学会の会場にて

 現在、私は東京薬科大学博士後期課程で博士号の取得に向けて日々研究に励んでいます。今は朝から晩まで研究に没頭している私ですが、高校時代はなんのために勉強しているのかも見出せず、「みんな大学に行くし僕も…」という流れで進学を決め、大学選びもなんとなく興味があった環境問題について学べそうだという感じで、東京薬科大学の環境生命科学科(現、応用生命科学科)に入学したというのが実際の話です(今思えば両親には本当に申し訳ないですが…)。そんな考えでしたので学部時代はろくに勉強もせずに部活動のテニスに打ち込み、現在とはまた違う形でとても充実した学生生活をおくりました(本当に両親には申し訳ないです…)。大きな転機となったのは四年時に卒業研究の為に研究室に配属され、研究を始めてからでした。特に何かを明らかにしたいなどといった大きな目標はありませんでしたが、もともと多趣味で何かに没頭するのが好きだった私の好奇心を研究室は十二分に満たしてくれました。教科書にもインターネット上にもない答えを探す事は本当におもしろい事だと思います。また、人によって感じ方は様々だと思いますが、私の考える研究の魅力は、諦めなければ必ず報われるということです。研究をしていると思い通りにならない事も多いです(本当に…)が、その度に工夫して、リトライし続けていれば必ず真実にたどりつけると思っています。

東京薬科大学で出会った友人達と

 私は環境中に存在する金属元素が生体(細胞)に及ぼす影響について研究しています。なかでも私がよく扱うヒ素は、しばしば公害の原因物質や毒として私たちを苦しめる一方、ある種の白血病などの血液腫瘍に対しては薬として用いられるなど、様々な生理活性を示す事が分かっています。これらの様々な生理活性を理解するため、私は細胞がヒ素を暴露されたとき、どのように遺伝子の発現を変化させているかを解析しています。
 私は研究者として特に秀でた業績などはありませんが、コツコツ研究してきた成果を米国コロンビア大学のJames L. Manley教授に認めていただきました。今年度中に博士号を取得できれば、来年度からJames L. Manley教授の研究室に博士研究員として研究留学する予定です。これからも東京薬科大学で学んできた生命科学を活かして、医療、医薬の発展、さらには環境問題の改善にいたるまで、幅広く有用な情報を提供できる研究者をめざして努力していこうと思います。

 
日本学術振興会 特別研究員奨励費採択者の声:特別研究員(DC2)
「不撓不屈、継続は力なり」


小野寺 威文 さん (私立専修大学松戸高等学校出身)

博士課程3年(応用微生物学研究室)(現 日本原子力研究機構)
 私は、「生物に保存されている機能未知遺伝子の機能解明」をテーマとして研究に取り組んでいます。また、上記の内容で平成24年度日本学術振興会特別研究員DC2(学振)に採択されました。学振とは、給与と研究費を支給されながら自身の研究に専念できるという制度です。学振に採択されたことは、研究者を志す者として自信がつきました。こうして採択されたのも環境分子生物学研究室の太田敏博教授を始め、外部研究先である日本原子力研究開発機構の皆様方の御支援があってこそだと感謝しております。私は研究に対して、未知の現象を解明していくことにとても魅力を感じますし、それが目標への原動力になっています。研究者としての道のりはとても困難で先行き不透明ですが、不撓不屈、継続は力なりの精神で、この道を歩んでみようと思います。
(東薬ニュースレター108号より)
 
自分の「やりたい」を実現しよう!!

大川佳子 さん

修士課程2年(環境応用動物学研究室)(現 東京都福祉保険局職員)

環境応用動物学研究室のメンバー
研究室旅行にて

 私は人の健康について学びたいと考え、東京薬科大学の生命科学部に入学しました。生命科学部では、生体内で働いている様々な機構について分子レベルで勉強し、温暖化や大気汚染などの環境問題や、それによって引き起こされる公害病や食の問題など、人の健康について幅広く学ぶことができます。また、先生と生徒の距離が近く「充実した研究環境」があることは生命科学部の最大の魅力だと思います。
 また、「海外研修プログラム」では、アメリカの研究所を見学し、そこで活躍している卒業生の方に直接お話を伺うことができました。
 現在私は、外部刺激に対して生体内でどのような仕組みが働いているのかということに興味を持ち、「有害化学物質であるヒ素が人体に与える影響」について研究しています。ヒ素に対するストレス応答を調べることにより毒性メカニズムの解明につなげたいと考えています。研究は、失敗と試行錯誤の連続ですが、先生や先輩方の助けを借りて毎日楽しく実験を進めています。研究活動には粘り強さと忍耐力が必要ですが、新しい発見や結果が出た時の達成感も大きいです。

海外研修にて

海外研修にて

 現在私は、外部刺激に対して生体内でどのような仕組みが働いているのかということに興味を持ち、「有害化学物質であるヒ素が人体に与える影響」について研究しています。ヒ素に対するストレス応答を調べることにより毒性メカニズムの解明につなげたいと考えています。研究は、失敗と試行錯誤の連続ですが、先生や先輩方の助けを借りて毎日楽しく実験を進めています。研究活動には粘り強さと忍耐力が必要ですが、新しい発見や結果が出た時の達成感も大きいです。
 将来は、これまでに学んできた知識を生かし、東京都の衛生監視員として安心して暮らすことのできる生活環境の保全に貢献したいと思っています。公務員試験は範囲も広く大変ですが、大学で開かれる公務員試験講座を活用し、実際に衛生監視員として働いている研究室の先輩に教えて頂きながら勉強してきました。
 皆さんも自分の夢に向かって頑張って下さい。

 
実験研究をとおして、自立的に行動できるようになります

小倉 多恵 さん(現 シミック株式会社)

修士課程2年(環境応用動物学研究室)

小倉さん

研究室の仲間たち

 私は現在、環境応用動物学研究室に所属し、ストレスが生体に及ぼす影響について研究を行っています。大学院へ進学しようと思った理由は、学部では体験できない様な専門的な実験を行い、技術を身につけたいと思ったからです。これまでの研究生活を通じて、技術や知識はもちろんですが、論理的な思考力や観察力、考察力、プレゼンテーション能力を身につけることができました。また、先生に手取り足取り教えてもらうのではなく、自分で計画し、調べながら実験を行うことで自立的に行動できるようになりました。これらの研究室で培ったことが、就職活動に非常に有利な力になったと思います。
 
何でもいい、何か夢中になるものを見つけよう

小野寺 威文 さん

博士課程3年(応用微生物学研究室、現 日本原子力研究機構)
日本原子力研究開発機構 特別研究生  日本学術振興会特別研究員 DC2


小野寺さんの研究している細菌のコロニー

D.radiodurans のコロニー

  私が生物学に興味を持ったのは、小学生の頃、自宅の顕微鏡で微生物などを観察したことがきっかけです。高校の頃には、生物の生きるための細胞の仕組みや遺伝子の働き、生物の棲む周辺環境に非常に興味を持ち、「生命・環境」について学ぶことができる東京薬科大学生命科学部に入学を決めました。大学では様々な分野の専門的な講義でさらに刺激を受け、特に生物が持つ本質的な生命システムやその起源について勉強したいと思うようになりました。この頃「極限環境生物」に出会い、それが今につながる私の研究テーマの始まりとなっています。 

 極限環境生物とは、一般的に知られている動植物や微生物の生育環境とは大きく異なる過酷な環境に生息する生物のことです。極限環境生物は不思議なことだらけで、なぜ生きていられるのか?細胞機能はどのようになっているのか?特徴的な遺伝子やタンパク質が存在するのか?など、興味が尽きません。さらに、生命が誕生した原始地球環境も極限環境と考えられているので、極限環境生物の研究が進めば、生物の祖先や生命システムの原点を探ることができると考えます。 

 私は現在、極限環境生物に魅せられて、応用微生物学研究室に所属しながら外部研究先の日本原子力研究開発機構で、70˙Cという高温で生育するサーマス・サーモフィルスと放射線に対して著しく高い耐性を示すデイノコッカス・ラジオデュランスの DNA 修復機構について研究を行っています。DNA 修復は全ての生物にとって必要なメカニズムですが、過酷な環境で生きる生物だからこそ、他とは異なる新規の DNA 修復様式があるのではないかと考え、毎日研究に励んでいます。 研究の醍醐味は、やはり「新しい発見をすること」だと思います。苦労の末、どんな小さなことでも、まだ誰も知り得ていないことを見つけたその瞬間は、研究を続けてきて良かったと思えます。それと同時に、もっと研究を続けようという気持ちにもなります。 

 東京薬科大学生命科学部には、高度な研究を行う上で必要な研究設備が十分整っているので、この中で実験や研究を行えることは、本当に恵まれたことだと思います。この様な環境で、一つの物事に対して熱心に取り組める時間はとても貴重です。現在学生の方も、これから東京薬科大学に入られる方も、是非夢中になるものを見つけて下さい。そこで得られた経験は、必ず自身の糧となって何かに役立ち、応用できるはずです。

 
実験がうまくいった時の喜びは例えようもないものがあります
鎌田さん

鎌田 梨沙 さん

環境ゲノム学科 4年(環境応答植物学研究室)
(現 東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻 修士課程2年)

 東京薬科大学への進学を決めたのは周りの自然が豊かであること、多様な分野の講義があることからです。加えて都内最大の薬草園があることも大きな決め手になりました。私は現在環境応答植物学研究室でシアノバクテリアを生物材料として研究を行っています。毎日の実験は成功ばかりではありません。しかし、失敗した原因を特定し改善してうまくいった時の喜びは例えようもないくらいです。本当に、研究を通して貴重な経験をさせてもらっていると思います。この研究室で過ごす時間は残りわずかとなってしまいましたが、残りの数ヶ月を悔いなく過ごしたいと考えています。

 
自然科学への幅広い好奇心が満たされます

堀内さん

堀内 馨士朗 さん

修士課程2年(生命分析化学研究室)

 自然科学や環境問題に広く興味のある私にとって、基礎的な生物、化学、物理から、最先端の遺伝子技術や免疫反応まで学べるこの生命科学部は理想的な進学先でした。実験器具や機器が豊富で充実した実験や実習ができるのも、東薬を選んだ大きな理由です。