サイトマップTokyo University of Pharmacy and Life Sciences, School of Life Sciencesサイト内検索画面へ移動します 検索

応用生命科学科   生命科学(バイオ)の力で食品・環境・エネルギーの未来を拓く

環境生命科学・環境ゲノム学・農芸化学・生命理工学分野東京薬科大学 生命科学部 大学院 生命科学研究科



 
 

応用生命科学科の教育内容とカリキュラム

 応用生命科学科では、食品・医薬品・微生物・エネルギーなど、生物学のすべてと生物の利用を考え、生命の仕組みと生命をはぐくむ環境を学びます。

 また、分子生物学、生化学、環境保全学等の基礎科目を修得しつつ、それらの学問を融合させた科目にも取り組み、総合的な能力の習得を目指します。

応用生命科学科の専門選択科目

専門選択科目

応用生命科学科のカリキュラム

1・2年次に分子生命科・応用生命科学・生命医科学3学科に共通な基礎科目を修得し、関連した実験・演習を行うことにより、現代生命科学の基礎を習得します。

3年次に、基礎科目の高度な項目や環境関連分野を学び、専門性 の高い知識を身につけます。
3年後期から、おのおの興味ある研究室で、卒業研究に取りかかります。

4年次には、それまでの講義や実習で身につけた知識や経験を、 さらに発展させる卒業研究を本格的に行います。卒業研究では、少人数での個人指導を行っているため、高度で実践的な能力がより効率的に身につきます。



ピックアップ講義

応用微生物学

微生物は、病原菌だけでなく、食品、化学工業、医薬品開発など多方面で利用されています。味噌や醤油、アミノ酸や生理活性物質の生産、微生物やその酵素を用いた分析、農薬利用など、微生物の応用・利用を学びます。
 
生活と環境の科学

私たちの身近にある問題を生命科学の視点から学びます。食品に含まれるさまざまな化学物質の安全性評価や、環境問題のおける汚染化学物質が作られるしくみ、そうした物質が地球上をどのように循環するかなどを学びます。
 
遺伝子工学 I

遺伝子の情報をもとにタンパク質が作られるしくみについての研究のしかたや、遺伝子操作を行うための技術について学びます。PCRや遺伝子導入の方法、大腸菌や酵母の知識と扱い方、ゲノムのデータベース解析などを理解します。