東京薬科大学 生命科学部 | 東京薬科大学 生命科学部 公式ホームページ
 

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(文部科学省)

【実施期間】
平成20年度〜平成24年度

【母体となる組織】
生命科学部

【研究プロジェクト名】
生物の環境適応の分子機構解明に関する総合研究

【代表者】
山岸明彦 (細胞機能学・教授)




【主な参加研究者】
山岸 明彦 (細胞機能学・教授)
赤沼 哲史 (細胞機能学・助教)
小島 正樹 (生物情報科学・教授)
横堀 伸一 (細胞機能学・講師)
太田 敏博 (環境分子生物学・教授)
多賀谷 光男 (分子細胞生物学・教授)
高橋 滋 (環境ストレス生理学・准教授)
岡田 克彦 (環境応答生物学・助教)
井上 英史 (基礎生命科学・教授)
福田 敏司 (分子生化学・助教)
伊藤 久央 (生物有機化学・教授)
内田 達也 (環境衛生化学・准教授)
熊田 英峰 (環境衛生化学・助教)
青木 元秀 (環境衛生化学・助教)

研究の目的・特色

 本研究では、生命の様々な環境因子に対する適応機構を解明することを目的として研究をおこないます。
 東京薬科大学生命科学研究科は、生命科学分野における諸課題を分子機構にまでさかのぼって解明しようとする研究科です。さらに、その中の多くの研究者が、様々な環境因子に対する応答の研究を行っています。本研究では、分子、細胞、個体各レベルで研究する研究者間の連携を強化し、生物の環境応答を分子機構にまでさかのぼって総合的に研究する拠点形成をめざす計画です。
 

成果報告会が行われました

戦略的研究基盤形成支援事業 「生物の環境適応の分子機構解明に関する総合研究」成果報告会
日時: 2012 年 9 月 11 日 (火) 13:00-17:30
場所: 東京薬科大学 教育4号館3階4301講義室
お問い合わせは 生命科学部 細胞機能 山岸明彦 (042-676-7139, 内線 3070)
  プログラム PDF